起立性調節障害は必ず治すことが出来ます!

娘の起立性調節障害を改善できた方法

私の娘が中学1年の時、起立性調節障害になってしまいましたが、「自律神経を整える」ことを意識して、取り組んだ結果、自宅療法で治すことが出来ました。

自律神経を整える方法は沢山あるので、あなたの子どもにも同じ方法が効くかはわかりませんが、起立性調節障害で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

l_fat06_b
娘の起立性調節障害を治した方法

起立性調節障害の治し方(治療)は大きく分けると6つある

起立性調節障害を治す医者

起立性調節障害の治し方は、大きく分けると下記のように6つに分類することが出来ます。

  • 説明、説得療法
  • 非薬物療法
  • 学校との連携
  • 薬物療法
  • 環境改善
  • 心理療法

これらの治し方を組み合わせて、起立性調節障害を治していくのが現在の治し方となっています。

上記では6つの治し方があると書きましたが、起立性調節障害の根治治療のことを考えると、3つのポイントに集約されることが言えます。

これから、その方法の根拠や、治し方について解説していきます。

ただ、ちょっとその前に…。

知ってて欲しいことがあります。

それは、起立性調節障害の原因はなんなのか?ということです。

この原因を知らないと、意味のない治し方を繰り返ししてしまうこともありますので注意が必要です!

では、起立性調節障害の原因とはなんなのでしょうか?


起立性調節障害を治すカギは自律神経を整えることが大切

重症な起立性調節障害に悩む女の子

もしかしたら、あなたは「起立性調節障害の治し方」方法論ばかりに目がいっていませんか?

実は、起立性調節障害を治すには、治し方ではなく…、

  • なんでなってしまうのか?
  • なってしまったのか?

原因を探ることがもっとも大切です。

どうしてかというと、起立性調節障害の主な原因は、

自律神経の乱れ」と言われているからなんです!

この自律神経が乱れてしまうと…

  • 交感神経と副交感神経の入れ替えが上手くいかない
  • 朝起床しても副交感神経から交感神経へ上手く移行できない
  • 血圧がなかなか上昇しない

この様な状態になってしまうと、起床した時に調子が悪い、立ちくらみ、だるいなどの症状が起こります。

ですので、起立性調節障害を治すには、

  • どうすれば朝起きれるようになるのか?
  • 夜しっかり眠れるようになるのか?

という視点ではなく、

自律神経をどうすれば正すことが出来るのか?

ということを意識して治していくのが重要になります。


なぜ、自律神経は乱れてしまうのか?

自律神経を正す方法は、ネットや本で調べると沢山の方法が出てきます。

そのような方法を模索する前に、そもそもどうして自律神経が乱れてしまうのかというと、

一般的に言われている理由は、

  • 精神的、身体的なストレス
  • 昼夜逆転などの不規則な生活
  • 疾患が原因となる自律神経の乱れ

この3つが自律神経を乱す主な原因とされています。

では、これを起立性調節障害に当てはめるとどうなるでしょう?

多くは、1番目と2番目が当てはまってくると思います。

ということは、起立性調節障害を治すには、この2つをうまく対処することこそが、根治治療と考えられるんです!

では、実際にどのような方法で起立性調節障害を治していくべきか、次に書いていきます。


起立性調節障害の治し方は結局この3つに集約される

先ほどにも書きましたが、自律神経を整える方法は、少し調べると沢山出てきます。

それこそ、ありすぎてどれからやるべきか?そして、どれが一番効果的なのか?悩むぐらいあります。

そんな多数ある方法を色々調べていたとき、あることに気付いたのです。

これ、結局、この3つに集約されるんじゃない?」と。

その3つとは、これです。

  • 体内時計を整えること
  • セロトニンを受け止める受け皿を構築すること
  • セロトニンを増やすこと

色々な方法がありますが、結局はこの3つを達成するために行う方法なんじゃない?と思いました。

例えば、日中日光浴したり、適度な運動をすることは、セロトニンを増やしますし、規則正しい生活は体内時計を整えます。

バランスのとれた食事を食べることにより、セロトニンがしっかり生成されるようにもなります。

ですので、どんな方法がいいのか?という視点ではなく、上記3つのことを改善するにはどうすればいいのか?という視点で考えた方がシンプルなんですよね。

意識するのは3つだけなので。

では、その3つのポイントをよりよく改善していくには、どうすればいいのか?

詳しく解説していきたいと思います。


体内時計を整えることは超絶重要!!

起立性調節障害を治す時にかなり重要になってくるポイント、それは、

体内時計を整えることです!

起立性調節障害の子どもはこの体内時計が乱れている場合が多いからです。

この画像を見てください。

健康な人の体内時計

健康な人はこのように、朝になると交感神経が活発になり、午前中~昼過ぎまで活動的に。

夕方から夜にかけては副交感神経が高まり、休息に向かいます。

起立性調節障害の体内時計

起立性調節障害の子どもは、朝起きても交感神経が活発になりません。お昼ごろまで休息モードが続きます。

夕方から夜にかけて活動モードになり、深夜になってもなかなか寝付けなくなってしまいます。

起立性調節障害の子どもは健康な子と比べて、こんなにも体内時計が乱れている場合が多いです。

体内時計が乱れることにより、交感神経と副交感神経のスイッチが上手く起動しなくなります。

そうすると、朝起きる時間帯なのに、体内はまだ夜中の状態のまま。という形になります。

わかりやすく伝えるならば、あなたが熟睡している夜中の2~3時にたたき起こされて、仕事に行きなさいと言われているのと同じです。

きついですよね?

こんな状態に起立性調節障害の子どもはなっています。

では、「早く眠ればいいではないか!」という声が聞えてきそうですが、そういうことではないというのも起立性調節障害が理解してもらいにくいポイントでもあります。

そして、この体内時計は1~2日で正常に治るものではないので厄介なのです。

ですが、

この体内時計を正しく整えるための方法があるんです!


光の力を利用した、高照度光療法で体内時計を整える!

起立性調節障害の根治治療として一番おすすめの方法。

それが、

高照度光療法です!

初めて聞く人も多いと思いますが、起立性調節障害の根治治療で一番おすすめできる方法として、詳しく解説していきたいと思います。

高照度光療法とは、簡単に言うと、光を使って、体内時計を徐々に正常に戻す方法です。

健康な人は、朝の光で体内時計をリセットして、体内時計を正常に保っています。

高照度光療法はこの太陽を人工的に作り出すことにより、体内時計を徐々に正常にさせる治療法です。

これは、下記のような体内時計が上手く機能していない症状の患者にも行われている治療法です。

  • 冬季うつ病
  • 概日リズム睡眠障害
  • 睡眠相後後退症候群
  • 非24時間睡眠覚醒症候群

起立性調節障害は体内時計のズレから自律神経のバランスが乱れることが原因の多くを占めます。

ですので、この光をうまく活用して、体内時計の乱れを整えることができれば、起立性調節障害の症状もだいぶ良くなるというわけです。


事実、日中に光を浴びても体内時計は正常に戻りません!

よく、体内時計を正常にするには、日中にたくさんの光を浴びること!的な事が色々言われていますが、

日中にどれだけ日光を浴びても、体内時計は正常になりません!

体内時計を整える目的の場合は、まったく意味がないのです…。

この深部体温の画像を見て下さい。

高照度光療法の図

体内時計というのは、この深部体温のことを指しているといっても過言ではありません。

人間が自然なサイクルで眠る場合、深部体温が下がり、眠気がやってきます。

この深部体温のサイクルを意図的に前後させるには、日中に光をどれだけ浴びても意味がありません。

では、どうすればこの深部体温を意図的に前後させることが出来るのでしょうか?


光を浴びるタイミングや照射時間が重要!

体内時計を人工的に移動させるためには、光を照射させるタイミングや照射時間が重要になってきます。

高照度光療法は、下記のようなフローに沿って行っていきます。

  1. いつも起きる時間の2~3時間前に起床させて、2時間程度光を浴びる
  2. 1~2週間これを続ける
  3. 眠る時間が前進、固定ができてきたら1で行った起床時間を1時間早める
  4. 1~3を適正な睡眠時間帯になるまで繰り返す

この様な流れになります。

ここで問題になってくるのが、いつも起きている2~3時間前に起床するということです。

そもそも起立性調節障害の人は起き上がるのが困難だからです。

ポイントとしては、起立性調節障害の子どもは起床させるのではなく、目覚めさせるだけでOK。

目だけ覚めさせて、ベッドの中で横になったまま、顔に光を照射します。

無理に起床し、立ち上がると血圧がまだ低いため、体調が悪くなってしまうからです。

「よし!さっそく部屋のルームライトや、デスクライトを使って試してみよう!」と思った方、少々お待ちください。

実は、部屋のルームライトや、机のデスクライトではパワー不足なので、あまり意味がありません。

高照度光療法は2500ルクス以上の光でなければいけないからです。


ルームライトではパワー不足!自然光が一番だけど…

明るく見える部屋のライトも、実はまったくもってパワー不足です。

意外に明るく感じるかもしれませんが、ルクスとしては全然低い数値になります。

下記の表を見てみてください。

明るさの目安 ルクス
晴れた日の午前10時頃の日光 65000
曇りの日の午前10時頃の日光 25000
曇りの日の日の出1時間後の日光 2000
晴れた日の日の入1時間前の日光 1000
パチンコ店内 1000
百貨店の売り場 500~700
日の出、日の入時 300
30W蛍光灯2本使用の八畳間 300

このように、部屋のライトの照度というのは実はものすごく低いのです。

そして、「高照度光療法」は2500ルクス以上の光を浴びることが条件になります。。

自然光が一番ベストなので、まずは自然光を利用して高照度光療法を行いましょう。

ですが、自然光を利用するには、ちょっとした問題があります。


日の出時刻は日本国内でも、かなりバラつきがある

自然光を利用して、高照度光療法を行う場合、日の出時刻を調べなければなりません。

なので、日の出時刻を調べたんですが、調べてみてビックリ!

なんと、北海道と福岡では、時期にもよりますが、1時間ぐらい違う時もあるのです!

例として、2016年の夏至(6/21)と冬至(12/21)の各地域の日の出時刻を見てみましょう。

札幌 夏至 日の出 3:55
冬至 日の出 7:03
東京 夏至 日の出 4:25
冬至 日の出 6:47
福岡 夏至 日の出 5:09
冬至 日の出 7:19

このように、夏至に近づくほど、日の出時刻の差が大きくなってきます。

また、時期によっては、自然光を利用したくとも、まだ日の出前…。ということもあります。

このように、あなたが住んでいる地域によって、日の出時刻は全く違ってくるので、自然光を利用して高照度光療法を行う時は、しっかり調べてから行いましょう。

もちろん、子ども部屋は東向きの部屋がベストですし、東側に窓があれば、その窓付近にベットを移動させるのもポイントです。

朝日が上手く子供の顔に当たるように上手くベット等を調整しましょう。

これができれば、あとはあなたが朝早く起きて、カーテンを開けるだけでOKです。

何度も言いますが、「起きたい時間の2~3時間前に照射する」これを忘れないでくださいね。

起立性調節障害の根治治療として、まずはこの高照度光療法を試して見てください。

次は、セロトニンについて詳しく書いていきたいと思います。


精神の不安を抑えるストッパー成分!セロトニン!

生活を改善して起立性調節障害がよくなった人

起立性調節障害の根治治療として、先ほどは高照度光療法を紹介しました。

次は、セロトニンの成分について、解説していきたいと思います。

実はセロトニンという成分が不足すると、精神の安定や、意欲が保たれなくなり、自律神経が乱れてしまうことがわかっています。

セロトニンとは三大神経伝達物質の1つで、その他にはドーパミン、ノルアドネラリンという成分があります。

その中でもノルアドネラリンが過剰に分泌されると、

  • 不安
  • 恐怖
  • 怒り
  • 意欲の低下

に敏感になります。

その2つの成分の暴走をコントロールする存在、それがセロトニンなわけです。

ですので、セロトニンがストレス等さまざまな理由により不足してしまうと、ドーパミンやノルアドネラリンを上手くコントロールできなくなります。

結果、自律神経の乱れがおこり、起立性調節障害の発症へと繋がってしまうことにもなるのです。

また、うつ病にもセロトニンは有効で、SSRIという抗うつ剤があるのですが、これはセロトニンの利用率を高める薬です。

これがうつ病に対して高い成果を上げているので、セロトニンは自律神経を整える成分として期待できます。

では、このセロトニンを増やすにはどうすればいいのでしょうか?


セロトニンを増やすためにはどうすればいいのか?

20160823

そんな起立性調節障害の改善が期待できるセロトニンですが、どのように増やせばいいのかというと、

  • 日光を浴びる
  • 栄養不足を補う
  • 適度な運動をする

この3つのポイントを意識するだけで、セロトニンを増やすことが出来ます。

先ほど、日中に光を浴びても意味がないといいましたが、セロトニンを増やすという目的であれば、有効です!

また、適度な運動は自律神経を整えるためには、非常に大切な事なので、日中元気になってから外を散歩するというのはまさにうってつけだと思います。

もう一つは、「栄養不足を補う」事です。

日光を浴びることと、適度な運動をすることは、午後になって体調が良くなってきたら外を散歩すれば2つとも達成できます。

ですが、栄養不足はその栄養を補わない限り改善は望めません。

ですので、セロトニンを作るための栄養を補うことが大切になってきます。

そんなセロトニンをドバドバ増やすためには、セロトニンの原料である、必須アミノ酸「トリプトファン」をしっかりと補うことが大切になってきます。

このトリプトファンは、下記のような食品に含まれています。

まずはこのような食品を必ず3食すべてに入れるように意識して、子どもの食事を作るようにしましょう。

食品中に含まれるトリプトファンの量(食品100gあたり)
食品名 含有量(mg)
すじこ 331
ひまわりの種 310
プロセスチーズ 291
たらこ 291
糸引納豆 242
アーモンド 201
そば 192
肉類 150~250
白米 89
豆乳 53
ヨーグルト 47
牛乳 42
バナナ 10

必須アミノ酸をバランスよく摂取しないとダメな理由とは?

必須アミノ酸の一つ「トリプトファン」はセロトニンを生成するための原料なので非常に大切な物質です。

ということは、トリプトファンをたっぷりと身体に補うことが出来れば、セロトニンもしっかりと生成されるという流れになります。

ですが、実はそこに落とし穴があります…。

下記の画像をご覧ください。

aminosan-baketu

このようにどれだけ沢山のトリプトファンを摂取しても、9つある必須アミノ酸の全体バランスが取れていないと、無駄になってしまうのです。

これは「桶」を連想させると、わかりやすいです。

9種類ある必須アミノ酸の中で、一番少ないアミノ酸を、一番低い桶板に例えましょう。

そんな桶に水を入れて満杯にしようそしても、一番低い桶板からどんどん水が漏れてしまいます。

ですので、セロトニンを増やすためにトリプトファンのみ摂取しても無駄になってしまいます。

大切なことは、トリプトファンのみを多く摂取するのではありません。

9つある必須アミノ酸をバランスよく摂取することが大切なポイントになってきます。

では、どのぐらいの量を1日に摂取すればいいのかというと、下記のような感じですね。

ちなみに体重1kg当たりなので、子どもの体重をかけてそれそれ算出してみてください。

また、3歳以上の子供は成人向け摂取量より10%〜20%ほど多くなるので、ちょっと多めに算出しておきましょう。

必須アミノ酸 体重1kg当たり(mg)
トリプトファン 4
ロイシン 39
リジン 30
メチオニン 10.4+4.1
フェニルアラニン 25(合計)
トレオニン 15
イソロイシン 4
バリン 26
ヒスチジン 10

このように、まずはしっかり必須アミノ酸のバランスを整えて、セロトニンをしっかり受け止める準備をととのえてから、トリプトファンを意識して取り入れるということが大切になってきます。

必須アミノ酸をバランスよく整えるには、特段何かを意識して食べるということではなく、肉、魚介類、卵、野菜、穀物、牛乳など、バランスの良い食事をすることが大切です。

それぞれの食材で必須アミノ酸に偏りがありますが、バランスよく食事をすることにより、それぞれ不足している必須アミノ酸を補うことが出来るからです。

起立性調節障害の子どもは、朝体調が悪いので朝食を食べない人も多いと思います。

また、現代は食生活が欧米化し、ふと食事を見直すとバランスが悪い食事になっている場合もあります。

しっかりと食事を見直すことも、起立性調節障害の根治治療として大切なことになってきますので、今一度改めて見てください。

まとめ

このように、

  • 体内時計を整えること
  • セロトニンを受け止める受け皿を構築すること
  • セロトニンを増やすコト

この3つを意識することが、起立性調節障害を治すために大切なポイントということがわかりましたでしょうか?

起立性調節障害はまだまだ認知されていない病気です。

病院の先生も詳しい人が少ないというのも現状だと思います。

まずは病院に行く!というのが一番正しい治し方だと思いますが、その病院に楽に行けるのであればそんな簡単なことはありません。

根本的に朝病院に行くこと自体が、起立性調節障害の子どもにとってはなかなかつらいことですからね。

また、近くに起立性調節障害にたけてる医者がいればいいのですが、地方とものなるとそうもいかないと思います。

とりあえず、近所の内科とかに行くと、多分うつ病と診断されて、精神科を紹介され、抗鬱剤を処方される可能性もあります…。

うちの娘がそうでしたので…(^^;

結局、娘は精神科に行くことを断固拒否しましたけどね。

娘がそんな状態でしたので、色々な本を読んだり、ネットで調べたりして、自宅療法を行い、なんとか起立性調節障害を治すことが出来ました。

下記に娘の起立性調節障害を治した具体的な方法を載せていますので、参考になれば幸いです。

娘の起立性調節障害を治した具体的な方法とは?

コメントは受け付けていません。