起立性調節障害の子どもを持つ親はうつ病に注意!

起立性調節障害の親

子どもが起立性調節障害を発症すると、子どもの状態や将来を心配するあまり、親が「うつ病」になってしまうことがあります。 自分の子育てに責任感じ、一時的にうつ状態に陥る人が多くみられます。 子どもの治療中に、サポートしなけれ ‥‥

中学の出席状況で判断する起立性調節障害の高校進学

通信制の高校の教室

中学校で不登校や長期欠席が続いた子どもにとって、毎日同じ時間に登校する全日制高校は、体力的に不安があります。 高校には、定時制や通信制など、不登校の子どもでも無理なく学習ができる場所があります。 進路を決める時には、社会 ‥‥

起立性調節障害の中学生が高校進学するための3つのポイント

日本の学校

不登校が続いたままの状態で中学3年を迎えると、親も本人にとっても進学問題が深刻になります。 中学までは義務教育ですから、自動的に卒業できますが、高校になれば、出席日数が足りなければ留年や退学ということになります。 起立性 ‥‥

起立性調節障害の相談窓口には自治体などの適応指導教室を利用しよう

適応指導教室

自治体や公共機関には「適応指導教室」が設置されています。 長期欠席や不登校の子どもが学校に籍を残したまま適応指導教室に通って、元の学校へ復帰するための指導支援を行いますので、このような機関を利用する方法があります。 また ‥‥

起立性調節障害を学校の先生に説明する3つの手順

近頃では、学校などの現場でも「起立性調節障害」の認知が進んできましたが、まだまだ十分と言える状態ではありません。 子どもの担任など一般の教諭レベルでは情報が少なく、「起立性調節障害」の知識がなく、理解を得られない人も多い ‥‥

眠る時間は23時までに寝床に入る習慣をつけましょう

起立性調節障害の子どもは、交感神経が活発になる時間がずれてしまうために、健康な人とは異なる生活リズムになってしまいます。 朝起きられず、夕方から活動的になるのは、その為です。 学校に行くことができずに、ますます症状を悪化 ‥‥

起立性調節障害の子どもがいる家族に取り入れる!家庭内の4つのルール

健康な人とは異なる体内リズムを持つ起立性調節障害の子どもは、自分のリズムに合わせた生活をしようとします。 たとえ親が口うるさく叱ったところで、症状は改善することはなく、返って悪化させてしまうこともあります。 起立性調節障 ‥‥

起立性調節障害の調子が良ければ学校へ。親子で運動もおすすめ

学校を休みがちになると、体を動かす機会が少なくなります。 運動不足は起立性調節障害を悪化させる要因にもなるので、お昼頃にでも起き上がることが出来て調子が良ければ、学校へ行くようにしましょう。 具合が悪ければ休憩しながら、 ‥‥

起立性調節障害の起こし方に効果的な5つの方法

起立性調節障害の男性

起立性調節障害の子どもは、朝起きられない時も、むりやり起こせば、体調を悪化させてしまうだけです。 起立性調節障害の子どもが朝起きられない時には、どのように起こしたら良いかを、具体的な起こし方を覚えておきましょう。

起立性調節障害の子を持つ親が知るべき子どもへの接し方3つ

起立性調節障害の子どもの接し方

中学や高校時代の子どもは、将来を決める大切な時期です。 その大切な時期に起立性調節障害になってしまうと、親としては不安で仕方がありません。 子どものためにと思っていても、親の不安な気持ちを、子どもは敏感に感じとり、ますま ‥‥