起立性調節障害の子どもの部活動は自分自身の体力に合わせてやる

起立性調節障害の症状が改善して軽症になれば、医師の許可を得て体育会系のクラブ活動にも参加できるようになります。 ただし、もともと夜になると活動的になる起立性調節障害の子どもが、夜遅くまでクラブ活動に熱中すると、夜寝就くこ ‥‥

起立性調節障害の進路先子どもの希望に合わせて進路先を増やす考えをする

起立性調節障害で悩む学生

中学3年生になると、今後の進路について考える時期になります。 担任教師としては、早く方向性を決めて準備を進めたいところです。 起立性調節障害の子どもにも、進路選択の背中を押すというのは必要です。 しかし、目先の進学だけに ‥‥

起立性調節障害を他の生徒に理解してもらう3つのポイント

起立性調節障害のことを生徒に教える先生

子どもにとって、学校に病気を理解してもらうのはとても大切なことですが、友だちからどう思われるだろう?からかわれたり嫌われたりするんじゃないか?と不安に感じるかもしれません。 特に、「なんであいつだけ?」と誤解されないよう ‥‥

学校で起立性調節障害の症状が出た時の対処方法と予防法

起立性調節障害の対処法と予防法を考える先生

起立性調節障害の子どもは、一見元気そうに見えても、環境や状況によって体調不良を引き起こすことがあります。 具合が悪そうだ、むりをしているなと感じたら、すぐに休ませるようにします。 良かれと思って励まして頑張らせたり、無理 ‥‥

起立性調節障害の親への負担をかけない4つの対応方法

起立性調節障害の子を持つ親

子どもが起立性調節障害を発症すると、不安や心配から、親がうつ状態になるケースがあります。 朝、教師や友だちに迎えに来てもらっても、子どもが登校できないと、毎回謝る親は大きなストレスを感じるでしょう。 心身ともに疲れている ‥‥

起立性調節障害の生徒に対する学校・先生の対応3つのポイント

起立性調節障害の学生がいる学校

健康な人にとっては、朝起きられないのは「気持ちの持ち様で何とかなる」と簡単に考えがちです。 子どもが学校に来ている時は元気そうに見えるので、親から起立性調節障害だと聞かされていても、つい怠けの言い訳にしか受け取らない教師 ‥‥

起立性調節障害なのに無理に登校し不登校になったモデルケース

起立性調節障害で不登校になった学生

学校は、子どもにとって大切な居場所の一つです。 長期欠席が続けば、学校が居心地の悪い場所になり、家でも落ち着かないなど、子どもは非常につらい思いをすることになります。 学校に関わる大人たちは、子ども本人はもちろん、保護者 ‥‥