起立性調節障害のサプリおすすめランキング3選!成分などについても

起立性調節障害のサプリを飲んで元気になった女の子のイラスト

起立性調節障害を治すに当たり、それを補助する目的でサプリを探している人もいると思います。

この記事では、起立性調節障害の人におすすめのサプリを紹介していきたいと思います。

前置きはいいから、すぐに起立性調節障害におすすめのサプリを確認したい!という方は下記をクリックすると、自動スクロールされます。

 icon-arrow-circle-right 起立性調節障害のサプリをすぐに確認する

サプリで本当に起立性調節障害は治るのか?

サプリは薬ではないよ!と説明しているイラスト

そもそも、サプリメントで本当に起立性調節障害を治すことはできるのでしょうか?

答えはNOです。

サプリメントは薬ではなく、食品ですので、サプリメントを飲めば起立性調節障害が治るということは100%ありえません。

もしかしたら、期待を裏切ってしまったかもしれませんね。

ですが、この部分は非常に重要な部分なのです。

考えても見て下さい。

生活習慣がバラバラで、家族の理解も、学校の理解も得られない状態。

こんな状態で、「サプリを飲んで起立性調節障害が治りました!」なんてことになったら、世界がひっくり返ります。

サプリを飲んで良くなりました!という人は、サプリだけ飲んで良くなっているわけではありません。

根治治療をしっかりと行いつつ、そのサポートとしてサプリを利用しているのです。

サプリは根治治療のサポートとして利用するのがベター

根治治療をサポートするサプリのイラスト

サプリは薬ではないので、起立性調節障害を治す効果はどんなサプリにおいても100%無いと先ほどお伝えしました。

ですが、サプリが全く意味のないものなのか?というとそういうことではありません。

実は根治治療のサポートとして利用するには、非常におすすめできるものになります。

起立性調節障害は自律神経のバランスの崩れが大きな原因の一つでもあります。

ですので、病院から処方される薬をいくら飲んだところで、自律神経のバランスを崩している根本的な原因を治さない限りは治ることはありません。

薬は血圧を上げたり、不安を和らげたり、強制的に眠たくさせたりする効果はあります。

ですが、原因を治すわけではないのです。

ようは、根本的な所、つまり生活習慣の改善や子どもの精神状態を安定した状態に正していかない限り、治ることはないのです。

サプリメントは、この根本的なところを治す時のサポートとして利用するのが一番正しい使い方と言えます。

そこで、重要になってくるのがサプリメントに含まれている成分です。

サプリの成分に注目しよう!

リラックス成分を選ぶ女の子のイラスト

 

起立性調節障害のサプリメントを選ぶときのポイントとしては、下記のような成分が入っているサプリが良いと思います。

各成分名と目的を一覧にしてみました。

目的 成分
セロトニンの増加(セロトニンの原料) トリプトファン
疲労回復、抗ストレス、抗うつ、不眠改善 クワンソウ
ストレス軽減、リラックス効果 ギャバ
抗うつ・抗不安効果 ラフマエキス
 深い睡眠をとる グリシン

このように成分によって目的は異なってきます。

起立性調節障害のサプリを買う場合は、このような成分が入っているサプリを選ぶとよいと思います。

では、これらの成分の中で特段、起立性調節障害を治す上でサポートしてくれる成分はなんなのか?ということになります。

これは考え方によって色々な答えがありますが、当サイトではこんな視点で1つの結論を出してみました。

それは、起立性調節障害の原因を見つめると、大半は自律神経の乱れに行き着きます。

ということはこの自律神経の乱れをしっかりサポートしてくれる成分でなければなりません。

自律神経の乱れをサポートするのに重要なことは、摂取した成分をしっかりと受け止めることができる受け皿を作ること

その受け皿がしっかりとできた状態で、リラックス成分を摂取すること

この2点が重要なことだと考えています。

例えば、自律神経の乱れをサポートする成分として有名なセロトニンという成分があります。

そう、幸せホルモンともよばれている成分です。

この成分、実はトリプトファンという成分が原料となり生成されます。

ということはこのトリプトファンをたくさん摂ればいいではないか!と思う人が大半だともいますが、下記の画像をごらんください。

必須アミノ酸はバランスよく摂取しよう!

このようにトリプトファンをどれだけたくさん摂取しようとも、他の必須アミノ酸の成分が低い状態ですと、意味がなくなってしまうのです。

つまり、どれだけトリプトファンを摂取しても、全体的にバランスよく必須アミノ酸を摂取しない限り、だだ漏れなわけです。

ですので、1つ目のポイントはバランスよく必須アミノ酸を摂取することが大切ということになります。

2つ目に大切なことは、質のいいリラックス成分を摂取することです。

このリラックス成分も色々な成分がありますが、特段、上記で述べたセロトニンの原料である、トリプトファンが大切です。

必須アミノ酸をしっかりと整えたら、トリプトファンを摂取しましょう。

その他のリラックス成分では、ギャバ(GABA)がおすすめです。

ただし、ギャバはギャバでも普通のギャバではなく、高濃度のギャバは、よりリラックス効果があることがわかりました。

しかも、一緒にラフマエキスを摂取することにより、その効力は4倍にも倍増されることがわかっっています。

ですので、ギャバを摂取する時は、高濃度のギャバと、一緒にラフマを摂取することをおすすめします。

起立性調節障害におすすめのサプリランキング3選

起立性調節障害のおすすめサプリランキングのイラスト

それでは、上記で記載した成分が入っているサプリを紹介します。

また、今回紹介するサプリはこの3点を意識して選びました。

  • 必須アミノ酸をバランスよく摂取できること
  • トリプトファンを中心としたリラックス成分を摂取できること
  • なるべく安いこと

起立性調節障害の子どもは、自律神経の乱れにより、食生活も乱れている可能性が高いです。

朝、起きれないので朝食を抜いたり、夜なかなか寝付けいないのでお菓子を食べてしまったり等…。

その乱れた食生活でアンバランスになった栄養の偏りを、サプリで補っていくイメージです。

1位:マインドガードDX

マインドガードDX

心の青汁

価格 8625円 6810円(税込)
返金保証  なし
途中解約 継続コースなし
主成分 モリンダシトリフォリア・トリプトファン・ギャバ・クワンソウエキス・グリシン等
評価

  マインドガードDX3つのおすすめポイント

 モリンダシトリフォリアが2500mg配合!
 トリプトファンが96mgも配合!
 吸収率の良いドリンクタイプ!

マインドガードDXは、起立性調節障害にはうってつけのサプリと言えます。

必須アミノ酸のバランスを整えるモリンダシトリフォリアが2500mgも配合されているからです。

必須アミノ酸を整える飲むサプリとして、最適なドリンクタイプのサプリです。

また1回分で96mgのトリプトファンを摂取できるのは現在、マインドガードDXのみですね。

その他のリラックス成分(ギャバ・グリシン・クワンソウ)も豊富に含まれています。

また、錠剤のサプリではなく、ドリンクタイプなので、吸収率が良く、ジュースと混ぜて飲むこともできるので、子どもにも飲みやすいサプリです。

朝に飲むのにおすすめのサプリですね。

 マインドガードDXの公式サイト

2位:潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

植物由来の実感成分で休息サポート!

価格 5980円 初回1980円(税込)
返金保証 10日間の返金保証
途中解約 可能
主成分 クワンソウ・ ギャバ・ラフマエキス・クロレラ・ヒハツ・金時しょうが
評価

潤睡ハーブ3つのおすすめポイント

圧倒的なコスパ!初回、1日わずか66円!
10日間の安心返金保証!
6つの厳選植物素材を使用!

潤睡ハーブも、起立性調節障害におすすめのサプリと言えます。

理由は上記で書いた2つの大切な条件をクリアしていることです。

必須アミノ酸をバランスよく摂取できるクロレラと、高濃度のギャバ、そしてギャバの効果を4倍にするラフマエキスが配合されています。

まさに!という感じですね。

また、10日間の返金保証があるのもおすすめできるポイントです。

自分には合わなかった…。という場合でも10日以内であれば返金してもらえるというのは単純にスゴイですよね。

逆を言えば、これは自信の表れとも言えますよね。

また、潤睡ハーブは量が少なくなったお試し商品ではなく、通常商品をお試し価格で初回は買うことができます。

なので、普通に1ヶ月分です。

1袋に90粒入っており、1回につき3粒飲むので、単純計算しますと、初回にお限り1日あたり66円という圧倒的なコスパになります。

また、厳選した6種類の植物由来の成分を何百通りも試作し、1年半かけて作り上げたサプリですので、その結果は「一目瞭然」。

3ヶ月以上飲んでいる人の満足率は85%を実現してるので、継続して飲んでいる人が多いことがわかります。

夜に飲むのにおすすめのサプリです。

 潤睡ハーブの公式サイト

3位:ネムリス

ネムリス

3日目に実感。30日で確信。

価格 初回980円(税込)
返金保証  なし
途中解約 3回以上継続
主成分 ラフマ葉エキス・グリシン・ギャバ・トリプトファン・テアニン・クワンソウ等
評価

ネムリス3つのおすすめポイント

 筑波大学の検証で実感が明らかに!
 満足実感92%!
 特許取得の天然ハーブ素材を使用!

ネムリスの一番の特徴と言えるのが、ネムリスを飲んだ夜の実感を、筑波大学の教授が監修の元、測定しているということです。

しかも、測定結果は深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。

休息サプリでこのような測定を行うことは国内で初めてなので、ネムリスの大きな特徴ともいえます。

また、109名の使用者アンケートでは、69%が3日目で効果を実感。
30日後には92%が実感したという回答がでました。

ネムリスは他のサプリにはない、特許取得のラフマ葉エキスが配合されているのもポイントです。

 ネムリスの公式サイト

サプリを飲むタイミングはいつ頃がいいか?

起立性調節障害のサプリの飲むタイミングは?

サプリを飲むのはいつ頃がいいのか結構悩むと思います。

起立性調節障害の場合は、朝起きた時に飲んだ方がよいのか?寝る前に飲んだ方がよいのか?

それとも、日中の飲んだ方がいいのか?

いつ飲めば一番良いのか悩むと思います。

まず、前提として、サプリメントは食品ですので、いつ飲んでも構いません。

ですが、必須アミノ酸を整える目的の場合は、「朝起きてすぐ」がおすすめの飲み方になります。

人間は寝ている間でも自分が思っている以上に汗をかいていたり、カロリーを消費しています。

睡眠中の体はこのような状態なので、朝起きてすぐというのは、実は栄養を吸収しやすい状態になっています。

上で紹介したサプリで言うと、朝は液体タイプのマインドガードDXを飲むのがベストな選択と言えます。

液体なので、より吸収率が良いからです。

ただ、冷たい飲み物を朝起きてすぐに飲むと胃に負担をかけますので、常温か口の中でなじめせてから飲むようにしましょう。

また、眠る30分~1時間前に飲むのもおすすめです。

先ほど紹介したサプリの中でいうと、夜はリラックス成分が含まれている、潤睡ハーブが適していると言えますね。

起立性調節障害のサプリを選ぶ時のQ&A集

起立性調節障害のサプリQ&A集

起立性調節障害のサプリを選ぶうえで疑問な事が色々あると思います。

当サイトに寄せられた起立性調節障害で悩む読者さんの質問をピックアップして、ここに掲載していきたいと思います。

タップすると下に広がり確認することが出来ます。

Q:起立性調節障害はサプリで治る。と書いてあるサイトもありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

Q:起立性調節障害はサプリで治る。と書いてあるサイトもありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

スマホで起立性調節障害のサプリを調べる女の子のイラスト

A:結論から申し上げますと、起立性調節障害はサプリで治すことはできません。

これは断言してもいいと思います。

これは冒頭でも書いている通り、サプリメントは薬ではなく、食品だからです。

サプリは、自律神経の乱れを整えて、体内時計を正常に戻す根治治療のサポートとして利用するのが正しい使い方になります。

また、病院で処方される薬についても、対症療法なので、病院で処方される薬を飲んだからといって治るわけでもありません。

ただし、病院で処方される薬を飲めばつらい症状を軽くする効果はあります。

ですが、残念ながら根本的な原因を治す薬ではないのです。

起立性調節障害を治す場合は、しっかりとした根治治療を行わないといけません。

Q:テアニンは起立性調節障害に良いと聞きますが、こちらのサイトでは注意が必要とあります。どちらが本当でしょうか?

Q:テアニンは起立性調節障害に良いと聞きますが、こちらのサイトでは注意が必要とあります。どちらが本当でしょうか?

テアニンの血圧降下作用を説明したイラスト

テアニンは、睡眠の質を改善する成分として、機能性表示食品の表示が認められている成分です。

テアニンを睡眠の質が良くない人が摂取した場合、スッキリとした朝を実感する場合があります。

ですが、起立性調節障害で朝起きられないのは、睡眠の質が悪いことが原因ではありません。

自律神経の乱れにより、体内時計が昼夜逆転に…。

そして、交感神経と副交感神経の入れ替わりがスムーズに行われないことにより、朝起きた時に血圧が低いままの状態になります。

血圧が低いと「だるさ・頭が痛い等」の症状が起こり、朝起きれない…という流れなので、睡眠の質が原因ではないのです。

また、テアニンには「血圧降下作用」がある事が報告されているので、起立性調節障害の人は注意が必要かもしれないという結論に当サイトではいたりました。

Q:メトロジンを処方されて飲んでいるのですが、サプリと一緒に飲んでも大丈夫ですか?

Q:メトロジンを処方されて飲んでいるのですが、サプリと一緒に飲んでも大丈夫ですか?

メトロジンとサプリは併用してもいいのか?

A:結論から言いますと、一緒に飲んでも大丈夫だと思います。

サプリは薬ではなく食品なので、薬と一緒に飲むことによる副作用はあまりありません。

ただ、アレルギーや飲み合わせが心配な方は、飲む前に担当医に相談してみるのがおすすめです。

飲むのが心配なままサプリを飲んでも、自律神経にいい影響は与えません。

しっかり不安を取り払ってからサプリを飲むようにしましょう。

Q:サプリの商品によっては副作用とかあったりするのでしょうか?

Q:サプリの商品によっては副作用とかあったりするのでしょうか?

サプリの副作用についてのイラスト

サプリメントは薬ではないので、基本的に副作用というものはあまりありません。

起立性調節障害の薬ですと、薬により違いはありますが「頭痛・動悸・だるさ・めまい・心拍数の現象・低血圧・手足の冷え・吐き気・嘔吐・食欲不振・ほてり」などの副作用が起こる場合があります。

また、まれにぜんそく発作や心不全といった副作用を起こす薬もあるので、薬の代用として副作用の無いサプリメントを利用したい気持ちは大いにわかります。

ただ、サプリは副作用もなければ、血圧を上げる効果もありません。

ですので、サプリの適切な使い方は非薬物療法のサポートとしてサプリメントを生活の中に取り入れるのが正しい使い方になります。

起立性調節障害を治すために大切な4つのポイント

起立性調節障害を治すための4つのポイント

それでは、最後に起立性調節障害を治すために大切なポイントを簡単にですが書いていきたいと思います。

起立性調節障害を治すには下記の4つのポイントが大切です。

  1. 自律神経を整える高照度光療法を取り入れる
  2. 周囲に起立性調節障害を理解してもらう
  3. 必須アミノ酸のバランスを整える
  4. トリプトファン等のリラックス成分を摂取する

それでは、それぞれについて説明していきたいと思います。

これもタップすると広がって確認することが出来ます。

1:自律神経を整える「高照度光療法」を取り入れる

1:自律神経を整える「高照度光療法」を取り入れる

高照度光療法を行っている女の子のイラスト

自律神経を整えるためには、乱れてしまった体内時計を整えることが大切です。

体内時計と自律神経は密接に関係しているからです。

起立性調節障害は「色々な理由で自律神経が乱れてしまう→自律神経の乱れが原因で体内時計が乱れてしまう」これが根本的な原因の一つとも言えます。

そんな乱れた体内時計を治す方法に「高照度光療法」というものがあります。

詳しくはトップページにて説明していますが、簡単に説明すると人工的な太陽を作り出すことで、乱れた体内時計を整える方法です。

実は人間の体内時計は1日25時間と言われており、地下や洞窟で太陽を浴びない生活を行っていると、健常者でも1日1時間ずつ体内時計が後退していくと言われています。

地球の自転は1日24時間なので、人間の体内時計はもともと地球とあっていません。

そんな1日1時間の誤差がある人間の体内時計ですが、普通の人は体内時計が後退することもなく、しっかり生活できています。

これには「太陽」が大きく関係しています。

人間は朝起きて太陽の光を浴びることにより、1日1時間の体内時計の乱れをリセットしているのです。

少し長くなりましたが、この体内時計をリセットしてくれる光の力を使った治療法が「高照度光療法」になります。

では、乱れた体内時計を整えるには、朝に太陽の光を浴びればいいんだ!と思うかもしれませんが、乱れすぎた体内時計を整えるには朝光を浴びても意味がないという事実があります。

高照度光療法について、詳しくはトップページで解説しているので、興味がある方はご確認いただければと思います。

2:周囲に起立性調節障害を理解してもらう

2:周囲に起立性調節障害を理解してもらう

起立性調節障害を周囲に理解してもらっているイラスト

意外に見落としがちなことなのですが、起立性調節障害を周囲に理解してもらうことは非常に大切です。

家族はもちろんのこと、起立性調節障害で悩む子供を取り巻く環境にいる人、特に学校の担任教員に起立性調節障害を理解してもらうことは非常に大切になります。

起立性調節障害で悩んでいる子どもは、自分を自己否定しやすい傾向にあります。

本人も朝起きれないことに大変な罪悪感を抱いているのです。

  • 私は怠け者だ…
  • 朝起きれないなんてどうしようもない人間だ…
  • 自分で自分が嫌になる。どうしようもない人間だ…

などなど。

そんな精神状態の中、両親・家族・学校の担任教員に起立性調節障害の理解がない場合、症状はどんどんひどくなる一方です。

子どもが朝起きれなくて、勉強や進路のことなど大変心配になる気持ちは大いにわかります。

ですが、起立性調節障害は体内時計が周りの子と比べて、ちょっと乱れているだけ。

起立性調節障害のことを周囲がしっかりと理解し、症状に苦しむ子どもをしっかりサポートしていかなければなりません。

周囲が理解しない環境の場合、本人はどんどん追い込まれます。

精神的に追い込まれれば、自律神経の乱れも整う訳がありません。

起立性調節障害で悩む本人の周りの大人たちが、しっかり理解して対応していきましょう。

3:必須アミノ酸のバランスを整える

3:必須アミノ酸のバランスを整える

必須アミノ酸を整えるにはバランスの良い食事が大切というイラスト

これは先ほどもお伝えした通りです。

必須アミノ酸のバランスが悪いと、トリプトファンを摂取しても穴の開いたバケツに水を注いでいる状況になります。

この必須アミノ酸は、肉・魚・野菜・お米等、バランスの良い食事をしていれば、特段意識しなくとも必要量は摂取できます。

それぞれの食材同士が足りない必須アミノ酸を補うからです。

ですので、起立性調節障害を治すには「食生活」も大変大切なことになります。

起立性調節障害で悩む子どもは朝の体調がすぐれないこともあり、朝食を食べない場合も多いです。

また、偏食してしまう子どもも多いので、バランスの良い食事を食べることが基本です。

ただ、これは口で言うのは簡単ですが、食事を作る側も、食べる側も大きな負担になることがあります。

そこで、サポート的に先ほどご紹介したサプリを利用するのがおすすめの使い方ですね。

4:トリプトファン等のリラックス成分を摂取する

4:トリプトファン等のリラックス成分を摂取する

必須アミノ酸のバランスを整えてからリラック成分と摂取しよう!

そして、最後にセロトニンの原料になるトリプトファン等のリラックス成分を補いましょう。

起立性調節障害で悩む人多くの人は「サプリメント」に救いの手を求めます。

その気持ちはすごく良くわかります。

ただ、さんざんこの記事でもお伝えした通り、物事には順番というものがあります。

どれだけトリプトファンをはじめとしたリラック成分を摂取しても、必須アミノ酸のバランスが悪いと垂れ流し状態で、まったく意味がありません。

必須アミノ酸のバランスを整えたとしても、周囲の理解がないと自律神経は悪くなる一方です。

周囲の理解があったとしても、体内時計が乱れている状態では、自律神経を整えることはできません。

人間ですから楽な方法に目移りしてしまう気持ちはわかります。

ですが、起立性調節障害で悩む子どもはもっと辛い症状で悩んでいます。

起立性調節障害は治せない病気ではありません。

楽な方法に逃げるのではなく、起立性調節障害をしっかり向き合い、理解しましょう。

そして、辛い症状に悩む子どもと一緒に、少しづつ改善させていきましょう。

もし、サプリを使って改善の兆しが見えてきたら…

サプリを使って朝気持ちよく起きることが出来た女の子のイラスト

想像してみてください。

朝、しっかり起きれるようになった子どもの姿を。

起立性調節障害が良くなって朝スッキリ起きている自分の姿を。

最高だと思いませんか?

サプリで治す!という考えは間違いですが、しっかりとした根治治療のサポートとしてサプリを使い、起立性調節障害が良くなれば、こんな最高な事はありませんよね。

これまで色々サプリを試してみたけど、合わなかった…。

という人は、その時のことをもう一度よく思い出してみてください。

サプリに頼り切って生活していませんでしたか?

サプリはあくまでサポートするもの。

主軸は本人自身にあるということを忘れないようにしましょうね。

>>起立性調節障害のサプリランキングへ戻る

参考にした文献

専門医向け 小児起立性調節障害 診断・治療ガイドライン2011(案)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。