いじめ・ストレスが原因で起立性調節障害が発症する場合も

いじめを受けている男性

テレビや新聞などでも、話題にならない日がないほど、社会問題になっている「いじめ問題」。

いじめは、子どもの心に大きなキズとストレスを与え、自律神経系に悪い影響を与えます。

ストレスから起立性調節障害を発症したり、悪化させたりする前に、子どもの心理的要因について考えていきましょう。

起立性調節障害の子どもの性格傾向とストレスの関係

起立性調節障害の子どもは、幼い頃から周りの人に対して気をつかい、自分の気持ちを素直に表現できない傾向があります。

いわゆる、周囲の人から「いい子」と言われるタイプです。

自分の感情を抑えて、周囲の期待に応えようと努力して、イヤなことにも「いや」「止めて」と言えません。

  • 小さい頃から「いい子」と言われるタイプ
  • 人のいうことや期待に合わせて行動する
  • 自分の意思表示・わがままを言わない

人の成長過程には、「反抗期」があります。
それまで、周りの期待に応えて「いい子」だった子どもは、甘えたい欲求と、自分の意思を通そうとする反抗心の間で葛藤することになります。

幼い頃からストレスを溜め込んでいると、起立性調節障害を発症したことをきっかけに、一気に噴出することがあります。

親や先生からも病気への理解が得られないために、感情的になり、いさかいが増えてしまいます。

【起立性調節障害発症後の変化】

  • 精神的に不安定になる
  • 親や先生とのいさかいが増える
  • 部屋に引きこもるようになる

心的ストレスが自律神経に与える影響

「起立性調節障害」は、自律神経のバランスが崩れる身体的な病気ですが、心理的要因からの影響が大きいことがわかっています。

心理的ストレスは、活動しようとする中枢神経に影響を与えて、自律神経のバランスを崩します。

また、血圧の変動に影響する脳の中枢神経(偏桃体)は、ストレスの影響を受けやすく、血圧の調整がうまくできなくなります。

心と体のバランスを保つためには、「脳」からの正しい指令が必要です。

しかし、その脳がストレスの影響を受けると、心身のバランスが崩れ、身体症状として現れます。

中枢神経が心理的なストレスを受けると、ホルモン分泌が適正に行われず、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。

自律神経が正常に働かないと、血圧を適正に維持できませんので、 起立性調節障害(起立性調節障害)を発症したり悪化したりします。  

起立性調節障害の発症がいじめのターゲットに。

起立性調節障害を発症すると、朝起きられないので、遅刻や欠席を繰り返すようになります。

友だちとの交流が減ってしまいますから、残念ながら、いじめのターゲットになりやすいのは事実です。

また、「いじめ」という心的ストレスから、起立性調節障害を発症したり重症化させたりすることもあります。

いじめに遭っている子どもは、いじめられている事実や自分の辛い思いを、自ら親や先生に伝えることはありません。

周りの大人は、子どもの様子をよく観察して、何か危険なシグナルを感じた時には、すぐに対応できる体制を整えておく必要があります。

起立性調節障害の子どもは、いじめに遭っている可能性が高いことを、親も認識しておくべきだと思います。

まとめ

起立性調節障害が原因でいじめられる、いじめが原因で起立性調節障害を発症するなど、起立性調節障害は子どもの体だけではなく、心に傷を残し、社会的な居場所まで奪う可能性があります。

「怠けているだけ」と決めつける前に、子どものシグナルを受け取れる余裕が周りの大人にも必要です。

◆ おしらせ ◆
私の娘もかつて起立性調節障害でしたが、今は無事回復しています。
下記でその方法について解説しましたので、宜しければご覧ください。

>>娘の起立性調節障害を治した方法はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。