起立性調節障害を学校の先生に説明する3つの手順

近頃では、学校などの現場でも「起立性調節障害」の認知が進んできましたが、まだまだ十分と言える状態ではありません。

子どもの担任など一般の教諭レベルでは情報が少なく、「起立性調節障害」の知識がなく、理解を得られない人も多いようです。

子どもの起立性調節障害の治療には、周りの理解と協力は必要不可欠です。

親だけで抱え込まずに、担任の先生はもちろん、校長や養護教諭などにも、医師の診断書や起立性調節障害に関する資料などを渡して、知識を持ってもらうように働きかけましょう。

学校現場で適切な協力を得るためには、まずは、学校側に「起立性調節障害」について理解してもらうことが大切です。

連携態勢を作ることと理解してもらうこと

起立性調節障害の知識がない先生が子どもに不適切な対応をすると、症状を悪化させる原因に繋がります。

「怠けている」「気持ちの持ち様」などと考える教師も多く、その叱咤激励は、子どもにとって、非常に大きな心理的ストレスになります。

反対に、起立性調節障害は治療を始めればすぐに治るという物でもないので、「完治してから登校してください」という先生も困ります。

実際には、体調が良い時には登校し、学校で勉強した方が子どもにも良いのです。

そういった起立性調節障害の子どもへの対応は、親が担任の先生と連絡を取り合い、子どもの様子や病気の知識を学校の先生たちと共有することが大切です。

定期的に面談を行い、症状に合わせて具体的な対応を検討しながら、親と学校で協力しながら見守る態勢を作る必要があります。

【学校に理解してもらう3つのポイント】

・朝起きられないため、遅刻や欠席が多いこと
・午前中は脳の血流が悪く、集中力がないこと
・怠けではなく、病気で体調不良だということ

他にも、起立性調節障害の発症理由や症状について詳しく伝え、子どもに無理をさせないことや、症状が現れた時の対処方法などについても、学校にお願いしておくようにします。

起立性調節障害の知識がない先生や学校に対しては、医師の診断書や起立性調節障害に関する資料などを見せながら説明すると良いでしょう。

支援態勢づくりは、高校生になっても必要です。

症状が改善されれば少しずつ緩めていけば良いので、子どもの心理的負担を軽減するためにも、担任を始めとした学校関係者と親が連携していることが非常に重要です。

学校の先生へ説明する3つの手順

1:診断書をもらう

まず、一番先にやることは、医師に診断書を書いてもらうことです。

学校側に「体の病気」であることを納得してもらうには、医師が書いた診断書が必要です。
その際に、症状に対する対応方法なども詳しく書いてもらうと、学校に説明する時にスムーズです。

2:重症度別の対応をお願いする

起立性調節障害は、重症度の違いによって対応の仕方が異なります。
登校できる子どもの場合は登校時の対応、不登校ができない子どもには、不登校児専門の対応が必要となります。

  • 登校時刻を、体調に合わせた遅い時間に調整してもらう
  • 体調不良が起きたら、速やかに横にさせる
  • 体育は、重症度に合わせた対応をしてもらう など

3:学習支援をお願いする

子どもの学習状況によって、学校での補習や、塾や家庭教師なども検討しましょう。
学習は、あまり無理に押し付けず、子どもができる方法で行います。

  • 放課後に、学校で補習が受けられるようにする
  • 夜の動ける時間に塾に通う
  • 外出できない子どもは、家庭教師をつける
  • オンライン学習サービスを利用する

今はオンライン学習サービスのクオリティが高くなってきており、コストも月額980円ほどでサービスを受けることができます。

塾や家庭教師は確かに良いのですが、費用が高いのが難点。

自宅にパソコン、タブレットがある家庭は、まずはオンライン学習サービスを利用するのも一つの手段ですね。

>>オンライン学習サービスの詳細はこちら

まとめ

親と学校関係者が連携し、起立性調節障害への理解が深まれば、子どもにかかる心理的負担は軽減され、症状も改善します。

学校関係者が起立性調節障害の知識がないまま、間違った対応で重症化させてしまう前に、親が率先して学校に働きかけることが、起立性調節障害治療には非常に重要です。

◆ おしらせ ◆
私の娘もかつて起立性調節障害でしたが、今は無事回復しています。
下記でその方法について解説しましたので、宜しければご覧ください。

>>娘の起立性調節障害を治した方法はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。